出羽街道: 尿前の関(鳴子温泉・大崎市)

  山形県:歴史・観光・見所(ホーム)山形県の街道出羽街道>尿前の関(鳴子温泉・大崎市)

概要・歴史・観光・見所
尿前の関(鳴子温泉)概要: 出羽街道は多賀城と秋田城を結ぶ重要な街道でした。戦国時代に入ると当地は陸奥国と出羽国に接することから重要視され当時の領主大崎氏が遊佐氏に命じて「小屋館」と呼ばれる関所を設けました。大崎氏が滅ぶと遊佐氏は帰農しましたが、江戸時代に入ると伊達藩がこの地を重要視した為、寛文10年(1670)に改めて遊佐氏の屋敷内に尿前の関が設けられ、遊佐氏は関守として復権し、藩からは役人が派遣されています。元禄2年(1689)には松尾芭蕉、曽良一行が奥の細道で出羽街道中山越で尾花沢へ抜けようとした際、厳しい取締りにあっています。関所の規模は明治初期の記録によると東西44間、南北40間の広さに周囲を石垣と土塀で廻らし、内部には長屋門、役宅、土蔵などが配されていました。現在は遺構がなく、柵や木戸などが復元されています。

尿前の関
尿前の関
[ 付近地図: 宮城県大崎市 ]・[ 大崎市・歴史・観光・見所 ]
尿前の関 尿前の関 尿前の関 尿前の関


スポンサーサイト

山形県の街道
羽州街道 羽州浜街道
米沢街道 出羽街道
二井宿街道 笹谷街道

山形県の見所
酢川温泉神社 十分一番所
猿羽根山地蔵堂 天童温泉
東根温泉 神泉の水
鳥海山松葉寺 猿羽根山地蔵堂
尿前の関 猿羽根峠


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。