山辺町: 旧山野辺陣屋

  山形県:歴史・観光・見所(ホーム)山辺町・観光>旧山野辺陣屋

旧山野辺陣屋
旧山野辺陣屋
[ 付近地図: 山形県東村山郡山辺町 ]・[ 山辺町・歴史・観光・見所 ]
歴史・観光・見所
旧山野辺陣屋概要: 旧山野辺陣屋は山野辺城の二の丸に文政6年(1823)に白河藩(福島県白河市)の飛び地に配された陣屋です。元々の山野辺城は承和年間(834〜48)に郡司となった小野良実の居館跡で戦国時代に山野辺刑部が本格的に築城したとされます。その後、最上家家臣の日野氏が入りましたが、慶長5年(1600)関ヶ原の戦いで西軍に与した上杉家執政である直江兼続の最上領侵攻で落城します。本戦である関が原で石田三成が敗れると兼続も自領に引き揚げ再び最上領となり、慶長6年(1601)に最上義光は四男の義忠を配します。義忠は近代城郭として縄張りをして積極的に城下町を建設するなど名君とされますが、跡継ぎ争いに巻き込まれ元和8年(1622)に最上家はお家騒動と見なされて改易されます。その後は天領として城跡に代官所が置かれ、文政6年(1823)からは白河藩の飛び地として陣屋が築かれました。敷地内には陣屋役宅、表御門、裏門、土蔵、御備蔵、稲荷社、牢、用水留井、井戸、役人用長屋(6戸分)などが配されました。明治維新後に代官所として役割を終えると、陣屋役宅の玄関は山辺小学校の玄関として移築されたものの、大部分は解体され横町小学校(山形市:後の山形第一小学校)の建築資材として利用されました。現在中央公民館の一角にある玄関の遺構はその時のもので山辺町指定有形文化財となっています。
住宅設計案内

 

 山形県山辺町:町並み・歴史建築見所ナビ:
旧山野辺陣屋安国寺了広寺浄土寺少林寺佐藤家山野辺城愛宕神社諏訪神社日枝神社森谷家
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県:歴史・観光・見所」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。