金山町: 宝円寺

  山形県:歴史・観光・見所金山町:歴史・観光・見所>宝円寺

概要・歴史・観光・見所
宝円寺(金山町)概要: 金秀山宝円寺の創建は慶長17年(1612)に楯山城主で最上家の家臣ある丹与惣左衛門の4男独翁宗芸が開基となり、州山見雄が開山しのが始まりとされます。その後、丹氏の菩提寺となりますが、元和8年(1622)に最上家が改易になると宝円寺は庇護を失い衰退していきます。文化8年(1811)に十四世丸山秀宝が堂宇を再建しましたが、明治20年(1887)には火災が発生し多くの建物や寺宝が焼失し建替えたました。さらに近年、堂宇を再整備し旧楯山城の裏門を移築したものと伝わっていた山門も歴史の門として金山小学校敷地内に再度移築保存されました。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦牟尼仏。

宝円寺:写真

宝円寺
[ 付近地図:山形県最上郡金山町 ]・[ 金山町・歴史・観光・見所 ]
宝円寺 宝円寺 宝円寺 宝円寺

スポンサーサイト

金山町:周辺・見所
宝円寺 伊夜彦神社
イザベラバード碑 金山八幡神社
万宝院 金山大堰
歴史の門 竜馬山
金山城(楯山城) 旧金山郵便局
谷口銀山


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。