最上町: 旧有路家住宅(封人の家)

  山形県:歴史・観光・見所最上町:歴史・観光・見所>旧有路家住宅(封人の家)

概要・歴史・観光・見所
旧有路家住宅(封人の家)概要: 旧有路家住宅(封人の家)は江戸時代初期に建てられた、肝煎りの大型農家住宅です。建物は桁行26.5m、梁行11.5mで寄棟、茅葺で正面玄関部分のみ千鳥破風状の屋根になっていて格式の高さを出しています。内部は向って右側1/3が土間で厩が3箇所と水屋、竈など作業空間で日常で利用する玄関が設けられていました。中央1/3が日常生活と宿屋として利用されていた空間で、板間の「ござしき」、「なんど」、畳敷き15帖の「ながざしき」がありました。向って左側1/3が接客空間で畳敷12.5帖の「いりのざしき」と8帖の「床の間(床の間付の座敷)」があり専用の玄関がありました。有路家は肝煎りを代々勤めている家柄で、国境の守役の役目もする「封人」でもあり、単なる住宅ではなく、役屋や問屋、旅宿などの機能を併せ持つ格式の高いもので、玄関や床の間付の座敷などにそれらが窺えます。又、元禄2年(1689)5月15日から3日松尾芭蕉奥の細道行脚の途中に宿泊した場所としても有名で、蚤痒さと馬の尿の音と匂いで中々寝付けない様子を「蚤虱 馬の尿する 枕元」と詠っています。旧有路家住宅江戸時代初期に建てられた大型上層農家建築の遺構とし大変貴重な存在で昭和44年(1969)に国重要文化財に指定されています。

封人の家:写真

旧有路家住宅(封人の家)
[ 付近地図: 山形県最上郡最上町 ]・[ 最上町・歴史・観光・見所 ]
旧有路家住宅(封人の家) 旧有路家住宅(封人の家) 旧有路家住宅(封人の家) 旧有路家住宅(封人の家)
旧有路家住宅(封人の家) 旧有路家住宅(封人の家) 旧有路家住宅(封人の家) 旧有路家住宅(封人の家)
旧有路家住宅(封人の家) 旧有路家住宅(封人の家) 旧有路家住宅(封人の家) 旧有路家住宅(封人の家)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。