村山市: 葉山大円院

  山形県:歴史・観光・見所村山市:歴史・観光・見所>葉山大円院

概要・歴史・観光・見所
葉山大円院(村山市)概要: 葉山大円院は葉山修験の中心をなす寺院で文武年間(697〜707年)に役行者によって開かれたと伝わっています。その後貞観13年(870)に従五位下に貞観12年にも従五位下を白盤神として賜っています。さらに大宝2(702)には行玄が社殿を建立し、地域や年代によっても異なりますが、葉山が出羽三山の1つに数えられていた時もあったようです。葉山修験は山岳信仰の一種の教団のように発展していき最盛期には宿坊が湯野沢の坊ヶ峯に8坊、岩野の坊ヶ峯に11坊、末寺は最上郡に42ヶ寺、西村山郡9ヶ寺、信仰者は宮城県の牡鹿半島や福島県の相馬まで広がっていたとされます。

歴代領主にも崇敬され、文禄2年(1593)には最上義光が金仏や大鰐口を寄進し、元和元(1615)には寒河江城主大江備前守が社殿を再建、慶安2年(1649)には江戸幕府から領地安堵、承応元年(1652)には新庄藩主戸沢氏が本堂の改修、寛文10年(1671)には同じく新庄藩主戸沢氏が本殿を造営、延宝元年(1673)には同じく新庄藩主戸沢氏が奥の院造営などが上げられます。その後、62代明実が様々な堂宇を建立し中興の祖となりますが、江戸時代中期から休息に勢いを失います。戦後まで桁行17間、梁間7間の本堂が残っていましたが、付近一帯が米軍の射撃訓練場となった為、それを解体し昭和30年(1955)に規模を縮小して岩野に移転し現在に至っています。山形百八地蔵尊霊場第85番札所(札所本尊:虫送り地蔵)。山号:葉山。宗派:天台宗。本尊:不動明王。

葉山大円院:写真

葉山大円院
[ 付近地図: 山形県村山市 ]・[ 村山市・歴史・観光・見所 ]
葉山大円院 葉山大円院 葉山大円院 葉山大円院


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。