米沢市: 旧音羽屋旅館

  山形県:歴史・観光・見所米沢市:歴史・観光・見所>旧音羽屋旅館

概要・歴史・観光・見所
旧音羽屋旅館(米沢市)概要: 音羽屋旅館は奥羽線開通に伴い米沢駅前に明治30年(1897)創業した老舗旅館です。現在の建物は大正時代末期の計画され昭和2年に着工、昭和12年に竣工した近代建築です。木造三階建、入母屋、桟瓦葺、正面千鳥破風、平入、建築面積100u、外壁はモルタル塗りペンキ仕上げとなっています。意匠は1階入口上部のアーチと化粧柱、左右開口部上部のファンライト(半円形の欄間)、ガラスブロック、2階の出窓など洋風建築の要素と、3階部の開口部の花頭窓や、屋根の鯱などの和風の要素が組み合わせた和洋折衷となっています。内部には「螺鈿」や「堆朱」などの意匠や床の間、屏風など当時のものが残されている和室があり文人墨客なども宿泊しで利用したそうです。昭和初期に建てられた和洋折衷の旅館建築の遺構として貴重な存在で「国土の歴史的景観に寄与しているもの 」との登録基準を満たしている事から平成9年(1997)に国登録有形文化財に登録されています。

旧音羽屋旅館:写真

旧音羽屋旅館
[ 付近地図: 山形県米沢市 ]・[ 米沢市・歴史・観光・見所 ]
旧音羽屋旅館 旧音羽屋旅館 旧音羽屋旅館 旧音羽屋旅館
旧音羽屋旅館 旧音羽屋旅館 旧音羽屋旅館 旧音羽屋旅館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。