山形県・徳一大師:縁の社寺

山形県:歴史・観光・見所(ホーム)>徳一大師

神社・寺院:一覧

名 称
場 所
内   容
・大光院・山形県
・川西町
・伝承によると大光院の境内は徳一大師古仏の成道跡とされ、徳一両親の墓が建立されています。
・豊年獅子踊・山形県
・川西町
・伝承によると徳一大師の郷愁を慰めるため里人が踊ったのが始まりと伝えられています。
亀岡文殊・山形県
・高畠町
・伝承によると亀岡文殊は大同2年(807)、平城天皇の勅命により徳一大師が中国五台山から伝わったとされる文殊菩薩を本尊として一宇を設けて安置したのが始まりと伝えられています。
・観音岩・山形県
・高畠町
・伝承によると大同年間(806〜810年)、徳一大師が巡錫で当地を訪れた際、霊夢で観音様の化身が立、御告げに従い自ら大岩に千手観音像を刻んだと伝えられています。
塩野毘沙門堂・山形県
・米沢市
・塩野
・伝承によると大同4年(809)、徳一大師が巡錫で塩野村に訪れた際、御告げに従い本尊として自ら毘沙門天像を彫刻し、一宇を設けて安置したのが始まりと伝えられています。
笹野観音堂・山形県
・米沢市
・伝承によると大同元年(806)、徳一大師が巡錫で笹野村に訪れた際、坂上田村麻呂が開いたという笹野観音を中興したと伝えられています。
スポンサーサイト
※ 「徳一大師:縁の社寺」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。リンクはフリーですが画像や文章等のコピーは行わないでください。