中山宿(米沢街道): 光勝寺

  山形県:歴史・観光・見所(ホーム)山形県の街道米沢街道中山宿(上山城〜赤湯温泉〜米沢城〜福島城)>光勝寺

概要・歴史・観光・見所
光勝寺(上山市)概要: 光勝寺の創建は文禄2年(1593)に武田信玄の家臣だった松下右近が開基、開山したと伝えられています。右近は武田家が滅びると仏門に入り、空心と名乗り現在の亀田(秋田県由利本荘市岩城亀田)など諸国を回りここに辿り付いたそうです。中山宿には同じく武田家家臣だった 清水三河康徳が足軽衆を引き連れて藩境の警護にあたるなど武田家家臣縁の土地柄です。明治34年(1901)に火災に巻き込まれ堂宇は焼失、しばらく仮本堂でしたが昭和49年(1974)に再建しています。本尊は阿弥陀如来像。

光勝寺
光勝寺



※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。