慈恩寺: 三重塔

  山形県:歴史・観光・見所(ホーム)寒河江市慈恩寺>三重塔

三重塔
三重塔
[ 付近地図: 山形県寒河江市 ]・[ 寒河江市フィールドワーク ]
三重塔 三重塔 三重塔 三重塔
慈恩寺三重塔:観光・歴史・見所
慈恩寺三重塔概要: 三重塔は慶長13年(1608)に最上義光が建立しましたが文政6年(1823)焼失。に焼失、文政13年(1830)に棟梁布川文五郎の手によって再建されました。高さ高さ26.7m、三間四面、銅板葺き、本尊は大日如来像。山形県指定重要文化財に指定されています。
住宅設計

 山形県寒河江市慈恩寺・歴史建築見所ナビ:
本堂三重塔仁王門(楼門)鐘楼阿弥陀堂大師堂釈迦堂薬師堂
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県:歴史・観光・見所」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。