米沢市: 一宮神社

  山形県:歴史・観光・見所(ホーム)米沢市・観光>一宮神社
山形県の神社
 ・ 松岬神社
 ・ 上杉神社
 ・ 白子神社
 ・ 成島八幡神社
 ・ 小菅一宮神社
 ・ 一宮神社
 ・ 愛宕神社
 ・ 羽黒神社
 ・ 春日神社
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
一宮神社・歴史・観光・見所
一宮神社(米沢市)概要: 案内板によると「 この祭神は富貴と健康を司る神である。初めは陸奥国置賜郡長井荘谷地郷にあり、大明神として祀られたのが起りと伝えられる。和銅5年(712)頃、出羽一の宮大明神と崇拝され、宝永元年(1704)正一位一の宮大明神となり、置賜郡の総鎮守として勅許された。明和年間(1764〜1771)米沢城を境として北の住民は白子神社、南の住民は一の宮神社の氏子となり、いまもなおその慣例が続いている。現在の社殿は明治21年の再建である。 米沢市・米沢観光協会 」とあります。明治20年(1887)に火災により焼失し明治21年(1888)に再建されています。拝殿は切妻、銅板葺、平入、桁行6間、梁間3間、正面1間向拝付、本殿は一間社流造、銅板葺。祭神:大己貴神、少彦名神。社格:幣帛料供進神社。例祭:歳旦祭1月1日・鎮火祭3月28日・例大祭7月18・19日・秋季大祭・敬老祭10月1日・焼収祭12月30日。
一宮神社
一宮神社
[ 付近地図: 山形県米沢市 ]・[ 米沢市・歴史・観光・見所 ]
一宮神社 一宮神社 一宮神社 一宮神社
住宅設計案内

 

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県:歴史・観光・見所」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。