戸沢村: 最上川一夜観音

  山形県:歴史・観光・見所戸沢村:歴史・観光・見所>最上川一夜観音

概要・歴史・観光・見所
最上川一夜観音(戸沢村)概要: 案内板によると「 小説「最上川一夜観音」は、昭和39年9月、山形市に住む中村幸太郎氏が、山形新聞文学賞に出品し、入選した作品であええい、同紙において、発表されている。物語は、慶応3年の秋、近江商人、西谷の内儀お峰が、帰国の途中、当地において、当地において、水死したその時のお伴、手代甚吉によって、後年近江から観音像が送られ、事故のあった水辺に、供養のため建立されて、この作品は終わっている。この間、物語がおりなす豊かな情緒は、最上川の風雲時代の史実と相俟って、誠に感慨深いものがあった。しかし、物語の観音像は、その後の洪水により、流されてしまったものの、小説発表後に、かつて模作されたものが、山形市で発見される。この観音像の寄進により、若干修復され、昭和40年7月に、この地に納まっている。 戸沢村観光協会 」とあります。最上川一夜観音は白糸の滝の対岸にあります。

最上川一夜観音:写真

最上川一夜観音
[ 付近地図: 山形県最上郡戸沢村 ]・[ 戸沢村・歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。