戸沢村: 新庄藩船番所

  山形県:歴史・観光・見所戸沢村:歴史・観光・見所>新庄藩船番所

概要・歴史・観光・見所
新庄藩船番所(戸沢村)概要: 新庄藩船番所は戸沢氏が領主になって戸沢藩船番所から整備された船番所です。特に古口はこれ以降の川下が最上峡だった為、新庄藩内の最西端の船着場で、陸路もなかったので、旅人などは古口で舟に乗り換えなければなりませんでした。新庄藩ではこの場所を重要視して番所を設け、川舟荷物の出入りの監視や人物改めなどを行わせました。番所役人は新庄藩では中級武士以上である200石と2本の脇差を許すなど重要任務として捉えていました。明治維新後は全国の関所を廃止する事になり新庄藩船番所も時を同じくして廃止となっています。古口の川港の立場はしばらく続きますが、鉄道が敷かれると最上川舟運の衰退が始まり、川港として発展した町も以前ほど活気がなくなりました。

新庄藩船番所:写真

戸沢藩船番所
[ 付近地図: 山形県最上郡戸沢村 ]・[ 戸沢村・歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。