飯豊町: 萩生観音(瑞雲寺)

  山形県:歴史・観光・見所飯豊町:歴史・観光・見所>萩生観音(瑞雲寺)

概要・歴史・観光・見所
萩生観音(瑞雲寺)概要: 大行院瑞雲寺は山形県西置賜郡飯豊町大字萩生に境内を構えている真言宗醍醐派の寺院です。萩生観音(長手観音)の創建は建保3年 (1215)、実義僧都により開かれたのが始まりとされます。当初は長手山の山頂にありましたが正徳2年(1712)に現在地に移されました。現在の観音堂は文政年間(1818〜1830)に改築されたもので寄棟、銅板葺、平入、桁行2間、梁間2間、四方に1間分の縁廂、正面1間向拝付、外壁は真壁造り、素木板張り、内部には絵馬が向拝には「手拾壱面観音堂」の扁額が掲げられています。

瑞雲寺境内には湯殿山塔や飯豊山塔(置賜地方では飯豊山を霊山として信仰する人が多かった)、大宮供養塔(置賜地方では大宮講と呼ばれ講が盛んで、特に大宮神社が安産に御利益がある事から女性からの信仰が篤かったとされます。)など多くの石碑が建立され信仰の篤さが窺えます。本尊の十一面観音座像は像高70cm、毎年7月10日の縁日が御開帳で、特に災難除けに御利益があるとして戦前戦中は弾除け、近年は交通安全の祈願で参拝に訪れます。置賜三十三観音霊場第11番札所(札所本尊:十一面観世音菩薩・御詠歌:ちちははの めくみもふかき なかてなる ほとけのちかひ たのむなりけり)。宗派:真言宗醍醐派。別当寺院:大行院瑞雲寺。

萩生観音:写真

萩生観音(瑞雲寺)
[ 付近地図: 山形県飯豊町萩生 ]・[ 飯豊町・歴史・観光・見所 ]
萩生観音(瑞雲寺) 萩生観音(瑞雲寺) 萩生観音(瑞雲寺) 萩生観音(瑞雲寺)
萩生観音(瑞雲寺) 萩生観音(瑞雲寺) 萩生観音(瑞雲寺) 萩生観音(瑞雲寺)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。