長瀞藩

  山形県:歴史・観光・見所(ホーム)山形県の城下町>長瀞藩
長瀞藩概要
長瀞藩概要: 寛政10年(1798)、米津通政が久喜藩(埼玉県久喜市)から1万1千石で入封し長瀞藩を立藩します。以来、米津家が5代に渡り藩主を歴任しますが版籍奉還後、5代政敏が藩庁を長瀞から大網(千葉県大網白里町)に移し大網藩を立藩した為、長瀞藩は廃藩となります。戊辰戦争では当初から幕府側である庄内藩と同調した為、開戦当時官軍側にあった天童藩と交戦となり長瀞陣屋や陣屋町は戦火により焼失しています。
  スポンサーリンク
 

長瀞藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代米津通政1798〜1799年1万1千石 
2代米津政懿1799〜1853年1万1千石 
3代米津政易1854〜1860年1万1千石 
4代米津政明1860〜1865年1万1千石 
5代米津政敏1865〜1869年1万1千石 

長瀞藩城下町:名所・旧跡
長瀞陣屋
長瀞城
長瀞陣屋
禅会寺
禅会寺
禅会寺
 
白
 
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。