山形藩

  山形県:歴史・観光・見所(ホーム)山形県の城下町>山形藩
山形藩概要
山形藩概要: 慶長5年(1600)、東軍に付いた最上義明が自領に加え庄内、由利、雄勝地方が加えられ57万石で山形藩を立藩します。元和8年(1622)、3代義俊がお家騒動により大森藩1万石で移封になると平藩(福島県いわき市)から鳥居忠政が22万石で入封。寛永13年(1636)、2代忠恒が死去すると嗣子が無かった為改易となり、高遠藩(長野県伊那市高遠町)から保科正之が20万石で入封。寛永20年(1643)、正之が会津藩(福島県会津若松市)に移封になると正保元年(1644)に大野藩(福井県大野市)から松平直基が15万石で入封。慶安元年(1648)、直基が姫路藩(兵庫県姫路市)に移封になると姫路藩から松平忠弘が15万石で入封。寛文8年(1668)に忠弘が宇都宮藩(栃木県宇都宮市)に移封になると宇都宮藩から奥平昌能が9万石で入封。貞享2年(1685)2代奥平昌章が宇都宮藩に移封になると古河藩(茨城県古河市)から堀田正仲が10万石で入封。貞享3年(1686)、正仲が福島藩(福島県福島市)に移封になると日田藩(大分県日田市)から松平直矩が9万石で入封。元禄5年(1692)、直矩が白河藩(福島県白河市)に移封になると白河藩から松平忠弘が10万石で入封。元禄13年(1700)、2代松平忠雅が福山藩(広島県福山市)に移封になると福島藩から堀田正虎が10万石で入封。延享3年(1746)、3代堀田正亮が佐倉藩(千葉県佐倉市)に移封になると佐倉藩から松平乗祐が6万石で入封。明和元年(1764)、乗祐が西尾藩(愛知県西尾市)に移封になると一時天領となり明和4年(1767)に秋元凉朝が川越藩(埼玉県川越市)から6万石で入封。弘化2年(1845)、4代秋元志朝が館林藩(群馬県館林市)に移封になると浜松藩(静岡県浜松市)から水野忠精が5万石で入封。2代忠弘は戊辰戦争の際奥羽越列藩同盟に参加し新政府軍と対立した為、朝日山藩に移封となり家老である水野元宣は処刑されました。
  スポンサーリンク
 

山形藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代最上義光1600〜1614年57万石 
2代最上家親1614〜1617年57万石 
3代最上義俊1617〜1622年57万石 
初代鳥居忠政1622〜1628年24万石 
2代鳥居忠恒1628〜1636年24万石 
初代保科正之1636〜1643年20万石 
初代松平直基1644〜1648年15万石 
初代松平忠弘1648〜1668年15万石 
初代奥平昌能1668〜1672年9万石 
2代奥平昌章1672〜1685年9万石 
初代堀田正仲1685〜1686年10万石 
初代松平直矩1686〜1692年9万石 
初代松平忠弘1692年10万石 
2代松平忠雅1692〜1700年10万石 
初代堀田正虎1700〜1729年10万石 
2代堀田正春1729〜1731年10万石 
3代堀田正亮1731〜1746年10万石 
初代松平乗祐1746〜1764年6万石 
初代秋元凉朝1767〜1768年6万石 
2代秋元永朝1768〜1810年6万石 
3代秋元久朝1810〜1839年6万石 
4代秋元志朝1839〜1845年6万石 
初代水野忠精1845〜1866年5万石 
2代水野忠弘1866〜1870年5万石 

山形藩
山形藩:町並み 山形藩:町並み 山形藩:町並み 山形藩:町並み 山形藩:町並み
山形藩城下町:名所・旧跡
山形城

山形城
専称寺
専称寺
専称寺
光禅寺
光禅寺
光禅寺
浄光寺
浄光寺
浄光寺
両所宮
両所宮
両所宮


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。