松山藩

  山形県:歴史・観光・見所(ホーム)山形県の城下町>松山藩
松山藩概要
松山藩概要: 正保4年(1647)、庄内藩(山形県鶴岡市)2代藩主酒井忠当により、庄内藩領内の新田2万石が弟である酒井忠恒(忠勝3男)に分与され松山藩が立藩します。庄内藩の支藩として度々本藩から藩主を迎え入れ、財政面でも全面的に支援されました。戊辰戦争時には庄内藩に従い奥羽越列藩同盟に参加し新政府軍と対立し、戦後は2千5百石が減封されています。」
  スポンサーリンク
 

松山藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代酒井忠恒1647〜1675年2万石 
2代酒井忠予1675〜1732年2万石 
3代酒井忠休1732〜1787年2万5千石 
4代酒井忠崇1787〜1798年2万5千石 
5代酒井忠禮1798〜1821年2万5千石 
6代酒井忠方1821〜1845年2万5千石 
7代酒井忠良1845〜1868年2万5千石 
8代酒井忠匡1868〜1871年2万2千5百石 

松山藩
松山藩:町並み
松山藩:町並み
松山藩:町並み 松山藩:町並み 松山藩:町並み 松山藩:町並み
松山藩城下町:名所・旧跡
松山城
松山城
松山城
中山神社
中山神社
中山神社
心光寺
心光寺
心光寺
総光寺
総光寺
総光寺
山寺皇大神社
山寺皇大神社
山寺皇大神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。