赤倉温泉: 薬師神社

  山形県:歴史・観光・見所最上町:歴史・観光・見所>薬師神社

概要・歴史・観光・見所
薬師神社(赤倉温泉)概要: 薬師神社は赤倉温泉の温泉街の外れに鎮座している神社で、創建は貞観5年(863)、慈覚大師円仁が行脚で当地を訪れた際、馬が湯浴びをして傷を癒しているのを見て赤倉温泉を発見し際、自ら薬師三尊像を彫り込み安置したのが始まりと伝えられています。当初は現在地より東南方向に約500m離れた所に鎮座し、境内が縦15間、横10間、奥の院が縦30間、横10間ありましたが、江戸時代末期から明治時代初頭にかけて現在に遷座しました。小国西国33観音23番勝尾寺(十一面千手観音)。

薬師神社:写真

薬師神社
[ 付近地図: 山形県最上郡最上町 ]・[ 最上町・歴史・観光・見所 ]
薬師神社 薬師神社 薬師神社 薬師神社

スポンサーサイト

最上町:周辺・見所
薬師神社 赤倉温泉
富山馬頭観音 旧有路家住宅
太郎田観音 亀割子安観音
向町観音(天徳寺) 瀬見温泉


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。