河北町: 若宮八幡神社

  山形県:歴史・観光・見所河北町:歴史・観光・見所>若宮八幡神社

概要・歴史・観光・見所
若宮八幡神社(河北町)概要: 若宮八幡神社の創建は仁和4年(888)に法印宥光が沢畑山に若宮八幡宮の分霊を勧請したのが始まりとされます。応永3年(1396)に三蔵坊宥万(法印宥光の後裔)が荒町東の下野に遷座しています。宝永2年(1705)に最上川の氾濫により境内が荒廃した事で荒町村に遷宮し、明治7年(1874)に現在の場所に遷しています。境内には「松橋の市神」と呼ばれる石碑があり、当時行なわれていた胡瓜市の市神だとされ明和9年(1772)に編纂された「松橋村書上帳」や「大町念仏講帳」に記述が残っています。形態は自然石ですが歴史的価値がある事で平成12年(2000)に河北町の有形文化財に指定されています(町内には合計8基の市神が残されており何れも河北町有形文化財に指定されています)。拝殿は入母屋、鉄板葺、平入、桁行3間、梁間2間、正面1間向拝付、外壁は真壁造、素木板張、本殿は一間社、神明造。祭神:誉田別命、大鷦鷯命、宇豆若郎子。例祭:毎年5月第2日曜日(旧6月15日)。

若宮八幡神社:写真

若宮八幡神社
[ 付近地図: 山形県西村山郡河北町 ]・[ 河北町・歴史・観光・見所 ]
若宮八幡神社 若宮八幡神社 若宮八幡神社 若宮八幡神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。