鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)

  山形県:歴史・観光・見所(ホーム)遊佐町・観光>鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)
遊佐町:観光
 ・ 十六羅漢岩
 ・ 旧青山本邸
 ・ 剱龍神社
 ・ 杉沢熊野神社
 ・ 大泉坊長屋門
 ・ 吹浦口之宮
 ・ 蕨岡口之宮
 ・ 永泉寺(多層塔)
 ・ 諏訪神社
 ・ 大物忌神社中ノ宮
 ・ 海禅寺
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)概要: 大物忌神社の創建は由緒によれば景行25年(275)に鳥海山の山頂に鎮座したと伝えられ、出羽国一宮として古来から信仰を集めていました。延喜式の式内社でもあり、歴代天皇や、支配階級にも崇敬され、前九年合戦、後三年合戦時には源義家が戦勝祈願し、中世は北畠氏、近世に入ると庄内藩主酒井氏が庇護して社領や社殿の再建をしています。又、大物忌神社は中世から山岳信仰の拠点となり、神仏混合の形態を長い間続けていて、平安末期には龍頭寺を筆頭に山岳密教寺院が33坊数えていましが、前九年合戦の際、兵火に巻き込まれ焼失し、多くは離散していきました。中世になると龍頭寺が一定の勢力を持つようになり僧兵による武力が増大する事になり、大物忌神社の境内は武装化され現在でも土塁や空掘りなどの城郭を思わせる遺構を見る事が出来ます。近世に入ると鳥海山の山頂を巡り、庄内藩と矢島藩(秋田県矢島町)の山伏同士の争いが藩を巻き込む事となり、幕府が裁定に乗り出すといった騒動が起こります。結果、親藩で石高が高い庄内藩が幕閣と結び、当時山頂に藩境があったものが6合目まで秋田県側に食い込むといった歪な県境となりました。又、同じ遊佐町にある吹浦の大物忌神社とどちらが出羽国一宮かといった抗争が起こり、これも幕府の裁定で鳥海山山頂を本社とし一宮とする事に決めました。明治に入り神仏分離令により当初鳥海山大権現と称したいたものを大物忌神社と改名したものの、一方の吹浦口之宮のみが国幣中社に指定された事で再びいざこざが起こり、前例にならい、蕨岡、吹浦の両神社を口之宮(里宮)とし山頂の本社を国幣中社とし3社あわせて鳥海山大物忌神社と改名しました。現在の拝殿(本殿は鳥海山山頂にある本社)は明治29年(1896)に建てられたもので切妻、銅板葺、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝、昭和28年(1953)に東の高台から現在地に遷座移築されています。宝篋印塔は寛政12年(1800)に酒田の豪商本間光丘が寄進したもので総高5m12cm、「金剛界五仏」が掘り込まれています。

鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)の文化財
 ・ 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)境内一帯−国指定史跡
 ・ 本殿−明治29年−国登録有形文化財
 ・ 随神門(旧仁王門)−1751〜1829年−国登録有形文化財
 ・ 神楽殿−1751〜1829年−国登録有形文化財
 ・ 蕨岡延年−山形県指定無形民俗文化財
 ・ 宝篋印塔−寛政12年−遊佐町指定文化財
 ・ 荘照居成神社−弘化3年−遊佐町指定文化財

鳥海山大物忌神社
鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)
[ 付近地図: 山形県飽海郡遊佐町 ]・[ 遊佐町・歴史・観光・見所 ]
鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)
鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)
鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)
鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮) 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)
住宅設計案内

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県:歴史・観光・見所」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。