中山町: 岡八幡神社

  山形県:歴史・観光・見所中山町:歴史・観光・見所>岡八幡神社

概要・歴史・観光・見所
岡八幡神社(中山町)概要: 岡八幡神社の創建は不詳ですが境内には正平7年(1351)の板碑がある事などから古くから岡地区の鎮守として崇敬されてきました。その後の歴史は明確のようで境内にある由緒板によると元文元年(1736)巳侍供養碑が建立、文化10年(1813)石段(30段)造営、文化13年(1816)石灯篭奉納、明治7年(1874)に村社に列し、昭和15年(1940)現在の社殿が建立などと書かれています。社殿などあまり大きなものではありませんが、拝殿は入母屋、銅板葺、平入、桁行3間、梁間2間、正面1間向拝付、外壁は真壁造、素木板張。本殿は一間社流造、銅板葺。境内には大木が育ち感じの良い境内で住民から親しまれている印象をもちます。祭神:応神天皇(誉田別尊)。例祭:5月3日、往時は旧暦8月1日で「馬走り」や「花角力」が奉納されていたそうです。

岡八幡神社:写真

岡八幡神社
[ 付近地図: 山形県東村山郡中山町 ]・[ 中山町・歴史・観光・見所 ]
岡八幡神社 岡八幡神社 岡八幡神社 岡八幡神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。