中山町: 大日如来

  山形県:歴史・観光・見所中山町:歴史・観光・見所>大日如来

概要・歴史・観光・見所
大日如来(中山町)概要: 大日如来の由来は明和5年(1768)に湯殿山の行者だった順政院善竜海が発起人となり奥州相馬(福島県相馬市)の信者から浄財を集め製造したもので、相馬から湯殿山に運ぶ途中に光秀院の前まで運ぶとこれ以上全く進まなくなりました。光秀院は元々、相馬の信者達の祈願所でもあった為、仏意に寄るものと理解しこの場所で安置し祀ったといわれています。大日如来座像は青銅鋳造、像高209p、膝巾77p、青銅製の大日如来像としては山形県最大の大きさとされ昭和43年(1968)に中山町指定文化財に指定されています。光秀院の宗派は天台寺門宗。

大日如来:写真

大日如来
[ 付近地図: 山形県東村山郡中山町 ]・[ 中山町・歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。