中山町: 旧長崎学校

  山形県:歴史・観光・見所中山町:歴史・観光・見所>旧長崎学校

概要・歴史・観光・見所
旧長崎学校(中山町)概要: 旧長崎学校は明治15年(1882)に「長崎中学校」として建てられた建物です。明治5年(1872)に学制発布に伴い長崎村でも学校建設が望まれ当時の戸長である戸長柏倉勇五郎が尽力し明治15年(1882)に開校しました。当時の校舎は木造2階建、切妻、木羽葺、建坪126坪で玄関部分を洋風に設えたものでしたが、昭和54年(1979)に校舎が新築する際に、玄関部分と南体操場が保存する事となり現在地に移築されてきました。玄関は白色に塗られ上部がバルコニー、網代風欄間、洋風手摺、バージーボード(飾り破風板)などにに意匠を凝らしたものです。南体操場は明治43年(1910)に建てられたもので木造平屋建て、切妻、鉄板葺、外壁は下見板張、明治時代に建てられた学校建築の遺構として貴重な存在で現在は民俗資料館となっています。旧長崎学校の玄関は昭和47年(1972)に中山町歴史建造物に指定されています。

旧長崎学校:写真

旧長崎学校
[ 付近地図: 山形県東村山郡中山町 ]・[ 中山町・歴史・観光・見所 ]
旧長崎学校 旧長崎学校 旧長崎学校 旧長崎学校


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。