寒河江市・歴史・観光

  山形県:歴史・観光・見所(ホーム)>寒河江市・歴史・観光
村山地方の見所
 ・ 山形市
 ・ 山辺町
 ・ 天童市
 ・ 寒河江市
 ・ 大石田町
 ・ 大江町
 ・ 尾花沢市
 ・ 西川町
 ・ 楢下宿
 ・ 中山町
 ・ 村山市
 ・ 上山市
 ・ 河北町
 ・ 東根市
 ・ 朝日町
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
寒河江市・歴史・観光・見所
寒河江市概要: 寒河江市は中世、大江氏が築いた寒河江城の城下町として発展した町です。大江氏は当初鎌倉幕府の要人として権勢を振るっていましたが、承久の乱で上皇側に付いた為、現在の寒河江市へ下向し土着し、以降約400年の間周辺を支配します。大江氏は文化的事業のも力を入れ慈恩寺寒河江八幡神社などを庇護し社殿の造営や改修、土地の寄進など積極的に行っています。最盛期には西村山郡の大部分を占める程に成長し、石高は8万石を越える勢いがありましたが戦国時代末期、急成長した最上氏を抑える事が出来ず天正12年(1584)に戦に敗れると最期の当主大江高基は御楯山上で自刃したと伝えれられています。寒河江市一帯は最上氏の支配となりましたが元和8年(1622)にお家騒動の為改易になり、その後は何度か支配がかわり宝暦3年(1753)からは寒河江代官所が配置され天領となります。寒河江市は紅花の栽培が盛んだった事もあり本楯河岸から最上川舟運を利用し酒田港に下り北前船によって上方と商いを行い大きく成長しました。明治時代に入っても周辺地域の中心的役割を持ち早くから西村山郡役所西村山郡会議事堂などの洋風建築が建てられました。
寒河江市
寒河江市
[ 付近地図: 山形県寒河江市 ]・[ 関係リンク: 山形県寒河江市 ]
寒河江市 寒河江市 寒河江市 寒河江市
寒河江市:観光・見所
慈恩寺
慈恩寺
慈恩寺
寒河江城
寒河江城
寒河江城
正覚寺
正覚寺
正覚寺
寒河江八幡宮
寒河江八幡宮
寒河江八幡宮
澄江寺
澄江寺
澄江寺
長岡観音
長念寺
長岡観音(長念寺)
洞興寺
洞興寺
洞興寺
越井坂虚空蔵堂
越井坂虚空蔵堂
越井坂虚空蔵堂
滝田門観音堂
滝田門観音堂
滝田門観音堂
旧西村山郡役所
旧西村山郡役所
旧西村山郡役所
郡会議事堂
旧西村山郡会議事堂
旧西村山郡会議事堂
平塩熊野神社
平塩熊野神社
平塩熊野神社
熊野神社
熊野神社
熊野神社
八幡神社
白
八幡神社
 
白
 
 
白
 
住宅設計案内

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県フィールドワーク>寒河江市」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。