鮭川村: 雲徳寺

  山形県:歴史・観光・見所鮭川村:歴史・観光・見所>雲徳寺

概要・歴史・観光・見所
雲徳寺(鮭川村)概要: 峰向山雲徳寺の創建は天文20年(1551)、花陰俊英大和尚(興源院3世:山形県最上郡大蔵村清水)が当地に元々あった東大寺と秀法寺を合併し、改めて開山したのが始まりとされます。永禄年間(1558〜1570年)に玄竜和尚(2世)が地蔵堂を建立し延命地蔵菩薩坐像を祀りました。延宝6年(1678年)の火災で多くの堂宇、寺宝、記録などが焼失しましたが延命地蔵菩薩坐像は被災を免れ、その後再建されています。延命地蔵菩薩坐像は室町時代末期作と推定、像高35センチ、台座35センチ、一木造、地方の仏師製作(推定)、昭和51年(1976)に鮭川村指定有形文化財に指定されています。又、清水城主清水氏に客分として川口楯(氏広、氏忠、氏益と三代の居城、鮭延氏に対する備えとされます。)に配された矢口内記氏広の菩提寺と思われ、本堂には矢口内記氏広の位牌が安置されています。古くから信仰を集め山形百八地蔵尊霊場第百一番札所(延命地蔵)にも選定されています。宗派:曹洞宗。

雲徳寺:写真

雲徳寺
[ 付近地図: 山形県最上郡鮭川村 ]・[ 鮭川村・歴史・観光・見所 ]
雲徳寺 雲徳寺 雲徳寺 雲徳寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。