楢下宿: 覗橋(下町めがね橋)

  山形県:歴史・観光・見所上山市:歴史・観光・見所楢下宿>覗橋(下町めがね橋)

概要・歴史・観光・見所
覗橋(下町めがね橋)概要: 覗橋は明治15年(1882)に造られたアーチ式の石造橋梁で、橋長10.8m、全幅3.5m、アーチの高さ3.83m、川床部の径8.44m、大門石(凝灰岩:上山市大門地区産出)で築造されています。江戸時代に入り羽州街道が開削され楢下宿が設置されると、羽州街道は楢下宿をコ字を描くように迂回するルートを通った為、宿場内に流れる金山川を2度渡る事になりました。金山川は度々氾濫した為、その都度、木製の橋を架け直したので楢下宿の住民は重い負担となりました。当時の山形県令である三島通庸(明治15年当時は福島県令でしたが、三島の命で既に計画されていたと思われます。)による西洋化政策の一環として主要街道の橋梁が次々と洋風化していく過程で明治13年(1880)に上流に位置する新橋が最初に築造され、その2年後の明治15年(1882)に覗橋が竣工しました。石造による永久橋は住民にとっては念願で、費用の多くが住民の持ち出しとなった為、完成には大きな感動がありましたが、当時、橋脚がないアーチ橋は珍しく、重量のある石造の橋が何故壊れないのか理解出来ず、当初は渡らない住民もいたとの逸話も残っています。覗橋(下町めがね橋)は明治時代に築造された洋風石造アーチ橋の遺構として貴重な事から昭和51年(1976)に上山市指定有形文化財に指定されています。通称「下町めがね橋」、現在も現役で重量4トン以下なら通行可能。

覗橋:写真

覗橋(下町めがね橋)
[ 付近地図: 山形県上山市楢下 ]・[ 上山市・歴史・観光・見所 ]
覗橋(下町めがね橋) 覗橋(下町めがね橋) 山田家住宅 山田家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。