楢下宿: 大黒屋(旧栗野家)

  山形県:歴史・観光・見所楢下宿:歴史・観光・見所>大黒屋(旧栗野家)

概要・歴史・観光・見所
大黒屋(旧栗野家)概要: 大黒屋は古くから楢下宿の旅籠を勤める家柄です。元々は同じ下町の向かい側にあって滝沢家(旧楢下宿脇本陣:現在は宿場の外れに移築保存されています。)の隣にありましたが近年、現在地に移築保存される事になりました。建物は文化5年(1808)に建築され、寄棟、平入、茅葺、梁間10.1m、桁行17.5m、外壁は真壁造、土壁仕上、腰壁は縦板張り、内部は街道沿い正面に「なかま(畳10帖、開口部は蔀戸)」、「じょうだん(畳10帖・床の間、押入れ付・開口部は障子引き違い)」、建物中央に「かつて(板間18帖、茣蓙敷)」、建物奥に板間の「だいどころ」と土間の「にわ」と「うまや」が配され、正面玄関から裏庭に抜ける通り庭があります。平面構成は同じ楢下宿内にある武田家(同じく旅籠建築、上山市指定有形文化財)と略同じですが、武田家に比べて新しい又は後年の改造の為か、宿泊室(なかま・じょうだん)は畳敷き、居間(かつて)は板間となっています。建物の背後にはかなり広い土間と「うまや」がある事から旅籠といっても、農業なども生業の1つだったと思われます。大黒屋(旧栗野家)は江戸時代後期の旅籠建築の遺構として貴重な事から平成7年(1995)に上山市指定有形文化財に指定されています。

旧栗野家住宅:写真

大黒屋(旧栗野家)
[ 付近地図: 山形県上山市楢下 ]・[ 上山市・歴史・観光・見所 ]
大黒屋(旧栗野家) 大黒屋(旧栗野家) 大黒屋(旧栗野家) 大黒屋(旧栗野家)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。