楢下宿(上山市): 山田屋

  山形県:歴史・観光・見所上山市:歴史・観光・見所楢下宿>山田屋

概要・歴史・観光・見所
山田屋(上山市・楢下宿)概要: 山田屋は楢下宿の羽州街道(羽州街道が楢下宿沿いに大きくコの字を書くように迂回していました。)沿い覗橋(上山市指定文化財)付近に位置しています。現在の建物は明治元年(1868)に火災で焼失後の明治18年(1885)建替えられた建物で、覗橋と建物が一体となって楢下宿の中でも当時の雰囲気を感じる場所の1つです。木造2階建て、直屋造り、入母屋(金山川側の屋根を落とし兜造風にして2階に採光、通風出来るように開口を設けています。詳細は不詳ですが養蚕などを行っていたと思われます。)、瓦葺き、平入、軒は構造材を外壁の外まで張り出し屋根垂木を支える船竭「、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、内部の裏側2間分が板敷になっているのが大きな特徴とされます。山田屋は明治時代初期の民家建築の遺構で楢下宿の景観に大きく寄与している事から平成7年(1995)に上山市指定有形文化財に指定されています。現在は無住となり楢下宿の交流施設として整備(一部増築)されています。

山田家住宅:写真

山田家住宅
[ 付近地図: 山形県上山市楢下 ]・[ 上山市・歴史・観光・見所 ]
山田家住宅 山田家住宅 山田家住宅 山田家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。