東根市: 若宮八幡神社

  山形県:歴史・観光・見所東根市:歴史・観光・見所>若宮八幡神社

概要・歴史・観光・見所
若宮八幡神社(東根市)概要: 若宮八幡神社の創建は康平年間(1058〜1065年)に鎌倉にある鶴岡八幡宮の神主三浦為澄が八幡神を勧請したのが始まりとされます。その後は歴代領主から崇敬され、正平2年(1347)には東根城主小田島長義が社殿の造営や社領の寄進を行い、正平11年(1356)には鰐口を奉納、続く東根氏も崇敬社とし同様に社殿の修復や領地安堵を行っています。戦国時代になると一時衰退しますが、松平氏が領主になると再び崇敬され、社殿の修復や祭具の奉納など庇護され明治維新まで続きます。現在の社殿は拝殿が寛文12年(1672)に松平氏が建材を寄進し住民達が建てたもので、入母屋、銅板葺、平入、正面1間向拝付、桁行7間、向拝に双頭の龍の精緻な彫刻、本殿は天保2年(1840)に一時天領だった時代に代官の大貫治右衛門が自ら監修にあたったものと伝えられるものです。又、社宝である神輿は鎌倉時代に三浦氏が寄進したものと伝わるもので高さ83cm、黒漆塗(一部朱漆塗)、扉、高欄、斗?、格狭間などには金箔装飾、鎌倉時代の数少ない神輿の遺構で意匠的にも優れている事から昭和30年(1955)に山形県指定有形文化財に指定されています。例祭(風よけの祭り)で奉納される太々神楽は天保6年(1835)から続けられ、古式を現在に伝える貴重な神事として昭和43年(1968)に東根市無形文化財に指定されています。祭神:應神天皇、仁徳天皇。旧社格:郷社。

若宮八幡神社:写真

若宮八幡神社
[ 付近地図: 山形県東根市 ]・[ 東根市・歴史・観光・見所 ]
若宮八幡神社 若宮八幡神社 若宮八幡神社 若宮八幡神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。