金山町: 金山八幡神社

  山形県:歴史・観光・見所金山町:歴史・観光・見所>金山八幡神社

概要・歴史・観光・見所
金山八幡神社概要: 金山八幡神社の創建は天正年間(1573〜1591年)に当時の金山城(楯山城)主丹与惣左エ門が武運長久を祈願する為に八幡神を勧請し現在地に社殿を造営したことが始まりとされます。以降、金山郷13ヶ村の総鎮守として周辺住民から信仰されてきました。明治以前は神仏混合で別当には天正の頃より万宝院があたり「当山派修験」として金山郷の多くの神社がその管理下に入りました。明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏教色は一掃され、別当である万宝院の住職は還俗し神主となり明治6年(1873)に郷社に列しました。現在の社殿は昭和41年(1966)に再建された比較的新しい建物で、入母屋、銅板葺、平入、桁行4間、正面1間向拝付、本殿は一間社流造、銅板葺。例祭は8月15日で神輿行列や山車が町内を練り歩くもので多くの人達が集まるといいます。境内にあるサワラ(ヒノキ)は推定樹齢300年、樹高30m、幹周4.71m。祭神:誉田別命(応神天皇)。

金山八幡神社:写真

金山八幡神社
[ 付近地図:山形県最上郡金山町 ]・[ 金山町・歴史・観光・見所 ]
金山八幡神社 金山八幡神社 金山八幡神社 金山八幡神社

スポンサーサイト

金山町:周辺・見所
宝円寺 伊夜彦神社
イザベラバード碑 金山八幡神社
万宝院 金山大堰
歴史の門 竜馬山
金山城(楯山城) 旧金山郵便局
谷口銀山


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。