金山町: 旧金山郵便局

  山形県:歴史・観光・見所金山町:歴史・観光・見所>旧金山郵便局

概要・歴史・観光・見所
旧金山郵便局概要: 旧金山郵便局は昭和14年(1939)に建てられた建物で、木造2階建て、半切妻屋根、鉄板葺、妻入、建築面積112.62u、設計は大場準三。外壁は主に下見板張り、ペンキ仕上げ、正面の妻壁部分はハーフティンバー(洋風真壁造)、白漆喰で仕上げ、構造材の見せ方や明り取り窓に付いている方立など時代背景が窺えます。屋根には棟飾りを設え、開口部には縦長の上げ下げ窓を採用するなど洋風建築の要素を取り入れ、玄関上部の欄間の桟のデザインからも時代を感じます。現在は交流サロン(交流サロンぽすと)として利用なされまちづくりの一環を担い、敷地の奥も開放されポケットパークのように整備され自由に行き来出きる工夫がなされています。特に周りの民家の敷地を取り込むようなデザインは好感がもてます。

旧金山郵便局:写真

旧金山郵便局
[ 付近地図:山形県最上郡金山町 ]・[ 金山町・歴史・観光・見所 ]
旧金山郵便局 旧金山郵便局 旧金山郵便局 旧金山郵便局

スポンサーサイト

金山町:周辺・見所
宝円寺 伊夜彦神社
イザベラバード碑 金山八幡神社
万宝院 金山大堰
歴史の門 竜馬山
金山城(楯山城) 旧金山郵便局
谷口銀山


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。