南陽市: 宮内教会

  山形県:歴史・観光・見所南陽市:歴史・観光・見所>宮内教会

概要・歴史・観光・見所
宮内教会(南陽市)概要: 日本基督教団宮内教会は昭和8年(1933)に建てられた近代建築です。昭和初期に建てられたこの種の教会建築に類似する点も多く、華美な装飾のないシンプルな意匠で、木造モルタル平屋建で、礼拝堂の屋根が切妻、塔屋の屋根が片流れ、金属板葺きになっています。開口部は縦長の窓を採用し、上部が尖塔状になっているのが特徴的です。敷地内には昭和26年(1951)宮内で開催された賀川豊彦講演会が転機となり開園された宮内幼稚園が併設されています。

宮内教会:写真

宮内教会
[ 付近地図: 山形県南陽市 ]・[ 南陽市・歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。