南陽市: 三宮神社(熊野大社・末社)

  山形県:歴史・観光・見所南陽市:歴史・観光・見所>三宮神社(熊野大社・末社)

概要・歴史・観光・見所
三宮神社(熊野大社・末社)概要: 三宮神社は熊野大社の末社の1つで、三宮神社(熊野大社末社)熊野大社本殿に対して左側に鎮座しています。案内板によると「三間社流造の簡素な社殿である。社殿内部に残っている「寛永三年」の年号や、安部右馬助による熊野神社の再建に関する古文書等から、寛永三年(西暦1626年:江戸時代初期)までには再建されたものと推定されている。市内に残るこの時代の神社建築としては、貴重な例である。 南陽市教育委員会」とあります。社殿内部には「寛永三年別当遠藤神大夫」の墨書が残っている事から、それ以前に建てられた古建築物と推定されています。三宮神社本殿は三間社流造、銅板葺、正面3間向拝付、見世棚造、外壁は真壁造、素木板張りの比較的小規模のものですが、時代背景などから貴重な存在とされ昭和48年(1968)に南陽市指定有形文化財に指定されています。祭神:熊野家津御子大神(熊野夫須美大神と熊野早玉大神との御子神)、素盞鳴尊。本地仏:阿弥陀如来。

三宮神社:写真

三宮神社
[ 付近地図: 山形県南陽市 ]・[ 南陽市・歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。