出羽三山神社: 注連掛桜

  山形県:歴史・観光・見所出羽三山:歴史・観光・見所出羽三山神社(三神合祭殿)>注連掛桜

概要・歴史・観光・見所
注連掛桜(出羽三山神社)概要: 案内板によると「 昔、出羽三山を参拝する人が祓川で禊をした時この桜の木の枝に注連を掛けたと云われるころから此の名があり由緒ある桜の木である。注連とは紙や麻で作った肩に掛けるもので清浄さを示すものである。推定樹齢2百年。 出羽三山神社 」とあります。随神門を潜り長い石段(継子坂)を下がると左手に国宝に指定されている羽黒山五重塔と国指定天然記念物に指定されている爺杉があり、右手に須賀の滝があり、注連掛桜は須賀の滝へ向う祓川の橋の前にあり根元には石造庚申塔と石燈籠が建立されています。

注連掛桜:写真

[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 鶴岡市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。