蔵王温泉: 唯法寺

  山形県:歴史・観光・見所蔵王温泉:歴史・観光・見所>唯法寺

概要・歴史・観光・見所
唯法寺(山形市・蔵王温泉)概要: 詳細不詳。酢川温泉神社の参道に隣接している唯法寺事から関係が深いと思われます。現在は無住のようで境内はひっそりし、参道も少々解り難い場所にあります。古絵図では阿弥陀堂となっていることから本尊は阿弥陀如来像が祀られているかもしれません。元々は高湯山唯法寺と称していたようですが、安土桃山時代に山形城主最上義光の娘「駒姫」が豊臣秀次(豊臣秀吉の甥)の事件に連座し処刑、非常に悲しんだ義光は駒姫の菩提を弔う為に山形城の城下に専称寺を遷し寺町を町割し多際、寺籍が遷されたそうです。残された御堂は阿弥陀如来像を安置する阿弥陀堂と呼ばれるようになったようです。御堂は木造平屋建て、鉄板葺き、桁行3間、張間3間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造白漆喰仕上げ。山形市緑町に境内を遷した唯法寺は真宗大谷派の寺院として信仰を集めています。

唯法寺:写真

唯法寺
[ 付近地図: 山形県山形市 ]・[ 山形市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。