瑞雲院: 新庄藩主戸沢家墓所

  山形県:歴史・観光・見所新庄市:歴史・観光・見所>新庄藩主戸沢家墓所(瑞雲院)

概要・歴史・観光・見所
新庄藩主戸沢家墓所(瑞雲院)概要: 新庄藩の藩主である歴代戸沢家墓所新庄藩主戸沢家墓所(2代藩主戸沢正誠のみ桂嶽寺)は瑞雲院境内に6棟の御霊屋内部に安置されています。瑞雲院は戸沢家の菩提寺で当初は大檜室清水に境内を構えていましたが元禄14年(1701)の火災により焼失し宝永元年(1704)に現在地に境内を移し再建され、戸沢家墓所も同じく現在地に移され御霊屋1号棟も再建されたと思われます。墓域は周囲を土塁で囲ことで他よりも格式を上げ、聖域として普段は人が入れなかったと思われます。御霊屋の建物は全て宝形造り、茅葺、総欅、床は石畳、外壁は板張り素地、花頭窓、正面1間向拝付(1号棟と5号棟には向拝無し)となっていますが、大きさや意匠は若干異なり建立された時代背景が影響しています。御霊屋内部には藩主以外にも正室や側室、子供などが一緒に祀られている事も特徴の1つで、全国的に見るとかなり特殊な御霊屋といえるようです。新庄藩主戸沢家墓所は大名御霊屋建築の遺構として大変貴重な事から昭和62年(1987)に国指定史跡に指定されています。

御霊屋概要
・1号棟:初代戸沢政盛:政盛側室:定盛-1704〜1721年建築
・2号棟:3代戸沢正庸:5代戸沢正ェ:正ェ室-1742年建築
・3号棟:4代正勝:正勝室:正盛:須和子:正備:正胤室:信之助:正親室-1747年
・4号棟:6代戸沢正産:10代戸沢正令-1782年建築
・5号棟:7代戸沢正良(正良室合墓):正胤8女:正紀-1788年建築
・6号棟:8代戸沢正親:正親室:9代正胤・11代正実:正修:道之進-1798年

新庄藩主戸沢家墓所:写真

新庄藩主戸沢家墓所
[ 付近地図: 山形県新庄市 ]・[ 新庄市・歴史・観光・見所 ]
新庄藩主戸沢家墓所 新庄藩主戸沢家墓所 新庄藩主戸沢家墓所:4号棟 新庄藩主戸沢家墓所:6号棟
新庄藩主戸沢家墓所:3号棟 新庄藩主戸沢家墓所:1号棟 新庄藩主戸沢家墓所:2号棟 新庄藩主戸沢家墓所:5号棟


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。