銀山温泉: 滝の不動尊

  山形県:歴史・観光・見所銀山温泉:歴史・観光・見所>滝の不動尊

概要・歴史・観光・見所
滝の不動尊(尾花沢市・銀山温泉)概要: 白銀の滝の上流に鎮座しています。名前からも白銀の滝を神聖視して信仰の対象としていたことが想像出来ます。祀られていると思われる不動明王は密教でいう五大明王の中心とされ、如何なる場合でも邪念を寄せ付けず常に不動の姿勢を崩さない事から滝や清流で修行する修験僧などや、庶民からも信仰されました。御堂は宝形造、鉄板葺、桁行2間、梁間2間、正面1間向拝付。華美な装飾を排した、質素な造りですが静かに白銀の滝を守っているようです。

滝の不動尊:写真

滝の不動尊
[ 付近地図: 山形県尾花沢市 ]・[ 尾花沢市 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。