銀山温泉: 茂吉の歌碑

  山形県:歴史・観光・見所銀山温泉:歴史・観光・見所>茂吉の歌碑

概要・歴史・観光・見所
茂吉の歌碑(尾花沢市・銀山温泉)概要: 山形県出身(現在の上山市)の歌人斎藤茂吉は昭和21年(1946)1月から昭和22年(1947)11月の約2年間、山形県大石田町にあった聴禽書屋(二藤部兵右衛門家の離れ)に滞在していました。銀山温泉には昭和20年(1945)8月に能登屋旅館に湯治に訪れており「 蝉のこゑ ひびかふころに 文殊谷 吾もわたりて 古へおもほゆ 」の歌を残しています。歌碑はこの歌を刻んだもので文殊谷が現在の洗心峡、長蛇渓付近と思われる事から建立されました。詩の意味は「私が文殊谷(洗心峡長蛇渓)を訪れると蝉の声が響き渡り、かつて大繁栄した延沢銀山の賑わいを思い起こされるようだ。」。この詩は昭和24年(1949)に主に最上地方の歌を編纂した「白き山」に掲載されています。

茂吉の歌碑:写真

茂吉の歌碑
[ 付近地図: 山形県尾花沢市 ]・[ 尾花沢市 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。