銀山温泉: 鬼子母神

  山形県:歴史・観光・見所銀山温泉:歴史・観光・見所>鬼子母神

概要・歴史・観光・見所
鬼子母神(尾花沢市・銀山温泉)概要: 鬼子母神は仏法の守護神(当初は人間の子供を食らう鬼でしたが、それを見かねた釈迦如来が、鬼子母神の子供を隠し、親が子供を思う心を諭し改心したとされます。)で500人の子供を授かり育てた事から子授け、安産、子育ての神として知られ、昭和初期に銀山温泉の開発に尽力した田中豊が白銀の滝近くにある洞窟の中に勧請したのが始まりとされます。田中豊は医師であると共に実業家で銀山温泉発電所(白銀の滝の水量と落差を利用した水力発電所)の経営者である佐藤家(大石田町出身、代々茂兵衛を世襲)を助け温泉の開発を行っています。洞窟の中には鬼子母神の石仏が安置され、前面には狛犬が配されています。

鬼子母神:写真

鬼子母神
[ 付近地図: 山形県尾花沢市 ]・[ 尾花沢市 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。