尾花沢市: 知教寺

  山形県:歴史・観光・見所尾花沢市:歴史・観光・見所>知教寺

概要・歴史・観光・見所
知教寺(尾花沢市)概要: 竜雲山知教寺の創建は天正11年(1583)に当時の延沢城の城主野辺沢(延沢)満延が開基となり良存上人存夢大和尚を召還し開山したのが始まりとされます。当初は延沢城の城下に境内を構え竜雲寺と称していましたが、寛永12年(1635)に現在地に移転し寺号を竜雲山知教寺に改めています。山門は延沢城の搦手門(切妻、銅板葺、三間一戸)とされ、元和8年(1622年)の最上氏がお家騒動の為改易、延沢氏も預りの身となり寛文7年(1667)に延沢城が廃城になると寛文10年(1670)に移築したといわれています。鐘撞堂も江戸時代に造営されたもので、宝形屋根、銅板葺、袴腰付、境内には野辺沢(延沢)満延(能登守)と光昌(遠江守)の供養塔が建立されています。尾花沢大石田三十三観音霊場第9番札所(札所本尊:聖観世音菩薩・御詠歌:はるのひは なんえんどうに かがやきて みかさのやまに はるるうすぐも)。宗派:浄土宗。本尊:阿弥陀如来。又、尾花沢薬師堂が無住となり御堂も老朽化した為、本尊だった薬師如来像(鎌倉後期作、寄木造、白木造)が知教寺に移され札所も引き継いでいます。尾花沢大石田三十三観音霊場第8番札所(札所本尊:聖観世音菩薩・御詠歌:いくたびも まいるこころは はつせでら やまもちかいも ふかきたにがわ)。

知教寺:写真

知教寺
[ 付近地図: 山形県尾花沢市 ]・[ 尾花沢市・歴史・観光・見所 ]
知教寺 知教寺 知教寺 知教寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。