天童市: 八幡山古戦場

  山形県:歴史・観光・見所天童市:歴史・観光・見所>八幡山古戦場

概要・歴史・観光・見所
八幡山古戦場(天童市)概要:  案内板によると「 天正12年(1584)舞鶴山を居城とする天童城主天童頼澄(頼久)と、山形城主最上義光との戦いが始まった。難攻不落といわれた天童城であったが、義光の策略によって味方の一角が崩れたために落城した。頼澄が陸奥に逃れた天正12年10月10日、最後の決戦を挑んだ。この時、本陣を「梨の木清水」に置いたが、この地八幡山の戦いにおいて敗れるに至ったという。 天童市教育委員」とあります。梨木清水の合戦(八幡山の戦い)では「梨の木清水」を本陣、立谷川を最終防衛ラインとして応戦しましたが、立谷川が破られると総崩れとなり、残った家臣達は歴代天童家の墓碑(天童家のものと思われる苔生した五輪塔と、討死した家臣のものと思われる数多く墓碑が建立されています。)の前で自刃して果てたと伝えられています。落ち延びた天童頼澄は母方の実家である国分(千代)氏を頼りに伊達家に仕官し、大名家としては没落したものの、伊達家家臣として命脈を繋いでいます。逆に最上家は最上地方を掌握し戦国大名として確固たる地位を確立、さらに江戸時代には57万石の大大名に成長しましたが、御家騒動により改易となり没落しています。

八幡山古戦場:写真

八幡山古戦場
[ 付近地図: 山形県天童市 ]・[ 天童市・歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。