天童市: 旧東村山郡役所

  山形県:歴史・観光・見所天童市:歴史・観光・見所>旧東村山郡役所

概要・歴史・観光・見所
旧東村山郡役所(天童市)概要: 旧東村山郡役所は明治12年(1878)に建築された洋風建築です。明治14年(1880)に明治天皇御巡幸の行在所として利用され、大正15年(1926)に郡制度が廃止になると郡農会、天童町役場、天童市役所と天童行政の中心を担っていました。天童市役所の新庁舎が竣工後は天童市立図書館として利用され、昭和60年(1985)に解体復元工事が行われて創建当時の姿に近い形となりました。建物は木造1部3階建て、寄棟、瓦葺きで外壁は白漆喰、縦長の窓を採用し、玄関屋根の軒先はバージボードと呼ばれる飾り付きの板、玄関扉、2階バルコニー扉、3階正面扉上部はファンライトと呼ばれる半円形の欄間(ステンドグラス付)、3階屋根には棟飾りなど多くの洋風建築の要素を取り入れています。又、玄関ポーチ上部は2階バルコニーで構成されその屋根が入母屋で妻面を前に向ける事で建物全体の正面性を強調しています。設計は宮大工川俣作兵衛、山形県内の洋風建築の中でも年代的に最も古い建物の1つで明治時代初期の庁舎建築の遺構として貴重な事から昭和47年(1972)に山形県指定有形文化財に指定されています。現在は旧東村山郡役所資料館 として一般公開され、内部には天童藩や幕末から明治維新にかけての資料などが展示されています。

旧東村山郡役所:写真

旧東村山郡役所
[ 付近地図: 山形県天童市 ]・[ 天童市・歴史・観光・見所 ]
旧東村山郡役所 旧東村山郡役所 旧東村山郡役所 旧東村山郡役所


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。