鶴岡市: 荒倉神社

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>荒倉神社

概要・歴史・観光・見所
荒倉神社(鶴岡市)概要: 荒倉神社の創建は養老元年(717)と言われ、弘仁元年(810)、貞観12年(870)と社殿の改修を重ねます。鎌倉時代になると周辺を支配した武藤氏の崇敬社となり、天文3年(1534)に改修を行っています。次第に修験との神仏混合となり荒倉大権現と称するようになり、羽黒山の東羽黒に対し荒倉山は西羽黒と呼ばれるようになります。境内には宿坊が33に膨れ上がり山全体が要塞化し一大勢力となり周辺に強い影響を及ぼす事になります。天正年間(1573〜1593年)の上杉氏の検地に反対し一揆勢に加担した為、上杉軍に攻め込まれ社殿を始め33坊総てが破却、焼失しました。近世に入ると荒倉権現として馬頭観音を祀り再興し、明暦元年(1655)と安政2年(1855)に社殿を再建しています。

荒倉神社:写真

荒倉神社
[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 鶴岡市大山・歴史・観光・見所 ]
荒倉神社 荒倉神社 荒倉神社 荒倉神社
荒倉神社 荒倉神社 荒倉神社 荒倉神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。