鶴ヶ岡城: 鶴岡護国神社

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>鶴岡護国神社

概要・歴史・観光・見所
鶴岡護国神社(鶴ヶ岡城)概要: 鶴岡護国神社の創建は明治28年(1895)で旧庄内藩主酒井忠胤が発起人となり、戊辰戦争、西南戦争の戦死者を祭ったの始まりです。鶴ヶ岡城本丸の南西の隅に鎮座し庄内神社に隣接しています。拝殿は江戸時代に造営された庄内藩主酒井家の御霊屋(主:10代藩主酒井忠器)を移築したもので大変貴重な存在です。建物は入母屋、妻入り、瓦葺、塗り屋造りで、同じ山形県内にある新庄藩主戸沢氏の御霊屋とは対象的な造りになっています。庄内地方にある御霊屋建築はその他に市内の大山にある道林寺酒田市松山町心光寺があります。

鶴岡護国神社:写真

鶴岡護国神社
[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 鶴岡市・歴史・観光・見所 ]
鶴岡護国神社 鶴岡護国神社 鶴岡護国神社 鶴岡護国神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。