鶴岡市: 田川八幡神社

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>田川八幡神社

概要・歴史・観光・見所
田川八幡神社(鶴岡市)概要: 田川八幡神社の創建は寛治元年(1087)に鎮守府将軍であった源義家が現在地に勧請したと伝えられています。歴代の支配者に崇敬され、平安末期は田川郡を領した、田川氏の祈願所となり武藤氏は建暦年間(1211〜1213年)、最上義守は享禄3年(1530)に社殿を改修し、山形城(山形県山形市)の城主最上義光は社領58石を安堵しています。最上氏が改易後に庄内藩(藩庁・鶴ヶ岡城)の藩主となった酒井氏も崇敬社とし、社領40石を寄進し、正保4年(1647)、享保4年(1719)に社殿を修復しています。社宝として源義家の奉納とされる線刻不動明王鏡像や千満珠、旗一竿、写経三本、剣一口などがあります。

田川八幡神社:写真

田川八幡神社
[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 鶴岡市・歴史・観光・見所 ]
田川八幡神社 田川八幡神社 田川八幡神社 田川八幡神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。