鶴ヶ岡城: 稲荷神社

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>稲荷神社

概要・歴史・観光・見所
稲荷神社(鶴ヶ岡城)概要: 案内板によると「 当神社は宝暦5年(1708)庄内藩六代藩主酒井忠真公が当時の鶴ヶ岡城二の丸東北隅に城内鎮守として創建され以来歴代藩主藩士の厚い崇敬があり年1回の祭日は城下の人々の参拝も特別に許され城内は大変な人出であったと云う明治維新後お城取壊しの際も当神社だけはそのまま残される。これは藩のもならず一般民衆の崇敬が厚かったからであろう。 」とあります。城の北東に位置することから鬼門封じの意味合いが強い神社で、社殿はさほど大きくはありませんが、参道には多くの鳥居が奉納され、境内にはお稲荷様を祀った祠が多数見られ信仰の厚さが感じられます。

稲荷神社:写真

稲荷神社
[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 鶴岡市・歴史・観光・見所 ]
稲荷神社 稲荷神社 稲荷神社 稲荷神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。