鶴ヶ岡城(別名:大宝寺城・大梵寺城)

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>鶴ヶ岡城(別名:大宝寺城・大梵寺城)

概要・歴史・観光・見所
鶴ヶ岡城(別名:大宝寺城・大梵寺城)概要: 鶴ヶ岡城は元は大宝寺城と称し武藤氏(大宝寺氏)の居城でした。武藤氏は鎌倉時代から地頭職として、周辺一帯に影響力を及ぼし一族を出羽三山の別当として送り込むなど文化面でも支配していました。室町時代に入ると最盛期を迎え寛正3年(1462)には大宝寺淳氏が8代将軍足利義政から出羽守が与えられ上洛を果たしています。しかし、戦国時代になると砂越氏や安保氏、来次氏などの国人領主達をまとめ切れず離合集散を繰り返し強力な大名としての地位を築けませんでした。その間、最上郡、村山郡を統一を果たした山形城(山形県山形市)の城主最上義光から侵略を受け、大宝寺氏は越後の上杉氏を頼る事になります。大宝寺義氏は織田信長と好を通じ再度庄内地方を統一、現在の秋田県にも出兵するなど復権を画策しましたが、天正10年(1582)の本能寺の変により信長が没すると、後ろ盾を失い、さらに、最上義光の調略により家臣である東禅寺義長と勝正兄弟が謀反を起こし義氏は討ち取られます。跡を継いだ義興も天正15年(1587)に最上家の侵攻により討ち取られ正当な大宝寺氏は滅亡、上杉家に従属した本庄氏から大宝寺義勝を養子を迎え名跡を継がせました。

天正18年(1590)の奥州仕置で一端は大名と認められたものの、天正19年(1591)に一揆発生の不手際から改易となり形式上も大宝寺氏は滅亡しました(義勝は復権するものの本家である本庄氏を継ぎ、大宝寺氏の名跡は捨てた)。庄内一帯は上杉領になり大宝寺城(鶴ヶ岡城)には城代を置きましたが、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで上杉氏は西軍側に与し敗北した為、東軍に与した最上氏が再び支配する事になります。最上義光は家督を大宝寺城(鶴ヶ岡城)を自らの隠居城とし名称も「鶴ヶ岡城」と改めますが、元和8年(1622)にお家騒動の為、最上家は改易となります。変わって、酒井忠勝が13万8千石で鶴ヶ岡城に入り、庄内藩を立藩、鶴ヶ岡城は庄名藩の本城として整備拡張されました。

鶴ヶ岡城は平城で天守閣を2層櫓を代替とし、本丸、二ノ丸へ続く門は総て櫓門として防備を固め、東北特有の土塁中心に構成され主要部だけに石垣が使われています。戊辰戦争の際は白石城(宮城県白石市)で調印された奥羽越列藩同盟に名を連ね、最期まで政府軍と戦いましたが敗北し、鶴ヶ岡城は廃城となり施設等は破棄されました。現在鶴ヶ岡城は鶴岡公園として整備され、本丸には酒井氏を祀った荘内神社鶴岡護国神社大宝館などがあり、桜の名所として日本さくら名所100選に選ばれています。三ノ丸跡には藩校である「致道館」が現存して、致道博物館には酒井家の隠居所である御隠殿酒井氏庭園(国指定名勝)などがあります。

鶴ヶ岡城:写真

鶴ヶ岡城
[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 鶴岡市・歴史・観光・見所 ]
鶴ヶ岡城 鶴ヶ岡城 鶴ヶ岡城 鶴ヶ岡城
鶴ヶ岡城 鶴ヶ岡城 鶴ヶ岡城 鶴ヶ岡城


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。