鶴ヶ岡城: 大宝館

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>大宝館

概要・歴史・観光・見所
大宝館(鶴ヶ岡城)概要: 大宝館は大正4年(1915)に大正天皇の即位を記念して鶴ヶ岡城跡に建てられた洋風建築で設計を小林昌徳が手掛けています。木造2階建て、入母屋、瓦葺きの建物で、外壁が下見板張り、ペンキ仕上げ、縦長の上げ下げ窓を採用するなど洋風の要素を取り入れています。正面玄関廻りは平面的に前に突き出して正面性を強調し、その上部は曲線屋根、金属板葺きで朱色に塗られているので大屋根とは全くの正反対の要素で構成されています。又、曲線屋根の下には妻面を正面にした小さな屋根が3つに分散していて、大味な意匠に成らない様な工夫も見られます。玄関廻りや上部のバルコニーにも細かな気配りが見て取れます。当初は1階が物産館と図書館になっていて、2階が食堂と会議室になっていましたが、昭和26年(1951)からは市立図書館となり、現在は郷土人物資料展示施設となっています。大宝館は大正時代に建てられた洋風建築の遺構として貴重な事から昭和56年(1981)に鶴岡市指定有形文化財に指定されています。

大宝館:写真

大宝館
[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 鶴岡市・歴史・観光・見所 ]
大宝館 大宝館 大宝館 大宝館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。