鶴岡市: 旧風間家住宅

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>旧風間家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧風間家住宅(鶴岡市)概要: 旧風間家住宅は明治29年(1896)に旧武家屋敷跡に建てられた豪商建築です。一般の商家建築である町屋とは異なり正面の道路側には薬医門を初め、母屋、前蔵があり、西側に中蔵、奥蔵、北側に小蔵があるなど広大な敷地に様々な建物が建っています。建物の屋根は杉皮葺石置形式を継承しており、酒田大地震直後の建築だった為、耐震にも十分に考えられ、和風住宅ながら洋風のトラス構造を一部採用しています。風間家は、庄内藩の御用商人として発展し呉服業や太物屋を主な生業とし、明治以降は貸し金業(後の荘内銀行)を営み、本間家に次ぐ大地主となりました。平成8年に母屋、平成12年にその他の建物が国重要文化財に指定されています。

旧風間家住宅:写真

旧風間家住宅
[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 鶴岡市・歴史・観光・見所 ]
旧風間家住宅 旧風間家住宅 旧風間家住宅 旧風間家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。