鶴岡市: 松尾芭蕉内川乗船地

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>松尾芭蕉内川乗船地

概要・歴史・観光・見所
松尾芭蕉内川乗船地(鶴岡市)概要: 案内板によると「 元禄2年(1689)6月10日(陽暦7月26日)、俳聖松尾芭蕉は、羽黒山を下って鶴岡城下の庄内藩士長山重行宅に3日間滞在した。13日にはこの舟着き場から川船に乗って内川・赤川・最上川と下り酒田に赴いたのである。当時酒田までは船で7里、約半日を要したといわれている。 鶴岡市・山形県奥の細道観光資源保存会・庄内文化財保存会 」とあります。松尾芭蕉内川乗船地跡付近は古い民家や石造の橋など雰囲気はありますが川港の形状は見ることは出来ませんでした。

松尾芭蕉内川乗船地:写真

松尾芭蕉内川乗船地
[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 鶴岡市・歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。