鶴岡市: 長山重行邸(松尾芭蕉滞在地)

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>長山重行邸(松尾芭蕉滞在地)

概要・歴史・観光・見所
長山重行邸(松尾芭蕉滞在地)概要: 松尾芭蕉奥の細道行脚の際、鶴ヶ岡城の城下へ訪れたのは元禄2年(1689)6月10日(陽暦7月26日)の時です。芭蕉は長山重行邸へ入り3日間滞在し、その間食した鶴岡の名産「民田茄子」(小茄子)の漬物を思い「めづらしや 山をいで羽の 初なすび 」の句を読んだと言われています。長山重行は庄内藩士で、芭蕉の俳人として藩内の俳壇で大きな影響力があったとされます。その後、近くの内川の船着場から川船で酒田象潟(秋田県にかほ市象潟)と行脚を続けます。長山重行邸跡地は現在敷地の一角がポケットパークとなって芭蕉の句碑などが建立されています。

松尾芭蕉滞在地:写真

長山重行邸(松尾芭蕉滞在地)
[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 鶴岡市・歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。